群馬県内にある産業廃棄物用の最終処分場

これは現在、あの我が国においても指折りの規模が大きな建設業全般を営む大和建設株式会社が運営をしている、群馬県内にある最終処分場の話になります。

同社は、群馬県高崎市に本拠地を構えている建設事業者であり、1970年代にはあの地中海と紅海を結ぶスエズ運河の掘削を大成建設その他の各大手建設会社などと共に行った事でも有名なところでもあります。
そして今、本拠地のある高崎市内に最終処分場を構えており、家庭ゴミとしては処分がし切れない、産業廃棄物類を専門的に受け入れるようにしています。

主に、金属・ゴム・コンクリート・産業用特殊プラスチックなどからなる屑類や不要になった部材、破片類などの最終処分をしていく事を目的にした処分場施設ですが、
大変広範囲な敷地面積であり、6895?からなるという本格的な広さからなる最終処分場という施設仕様になっています。

また、群馬県内の産業廃棄物の回収や処分などはもちろんの事、同県外や周辺都道府県などからのものも受け入れていますので、そうした面でも社会的な評価が大変高いといえる最終処分場でもあります。

そして、やはり総合的な建設事業を営んでいる大和建設社ですので、建設・建築・建造などだけでは無くて、これらの反対の事業である解体業務などもやっています。
中でもその際に解体をした建造物や家屋、大型設置物及び工作物などの廃材を産業廃棄物としてそのまま同社が回収したうえで最終処分をしてくれるようなシステムなどもありますので、
そのため他の産廃処理業者へ頼んだり、高額な依頼料などの支払いをしたりするような面倒な事などもありませんので、
そうした経済的・事務手続き的・時間的なそれぞれのコスト面において、大変な節約にもなる点が世論から多くの注目を集めつつ、高評価がなされている様子でもあります。

それ程人口規模や総面積なども大きくは無く、山岳地帯が大半である群馬県にあるこの大和建設社が運営をしている最終処分場ですが、なんと、そうした土地環境でありながら、
ここは自然環境などへの配慮をしているうえに、処分場自体の情報公開なども積極的にやっているようなところでもあります。

そうした環境保護の面でも大変注目や高評価などがなされていますので、それだけに世論からの信頼なども絶大といえます。
他の建設事業者や産廃事業者などがやりたがらない最終処分場といった高度な処理技術や運営コストの高い事業を同社はあえてやっている点が、まさに社会貢献の面での積極さが窺えます。