産業廃棄物になるゴミは20種類に分かれる

産業廃棄物というのは、そもそもどのようなゴミのことをいうのでしょうか。
廃棄物処理法によると、事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油、
廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類などがこれにあたるとされています。

ただし、そのなかでも政令で定める廃棄物のみが、産業廃棄物としてあつかわれることになります。
この条件に当てはまる産業廃棄物は、20種類に分けられています。

具体的にどのようなゴミが産業廃棄物となるのか、見ていきましょう。
まず、物を燃やしたあとに残る「燃え殻」です。これは、石炭殻や、焼却炉の灰などが当てはまります。

「汚泥」には、廃水処理や製造過程で生じる泥状の廃棄物が当てはまります。
ビルピット汚泥やカーバイトかす、ベントナイト汚泥などがここにふくまれます。

「廃油」は、鉱物性から動植物性、潤滑油や溶剤などのあらゆる油の廃棄物。
「廃酸」は、硫酸や塩酸、写真の定着液などのあらゆる酸性廃液がふくまれます。

合成樹脂や合成繊維、タイヤなどの合成ゴムのくずは、「廃プラスチック類」にふくまれます。
一方、生ゴムや天然ゴムのくずは「ゴムくず」としてあつかわれます。

「金属くず」は、金属片や、研磨や切削を行ったさいに出るくずなどのこと。
ほかの、板ガラスやコンクリート、ブロック、レンガ、セメント、石膏、モルタルなどのくず、そして陶磁器の破片などは、
すべて「ガラスくず、コンクリートくずおよび陶磁器くず」としてまとめられています。

「鉱さい」というのは、鋳物や溶解炉、不良石炭や粉炭のかすなどをいいます。
新築や改築などのさいに生じるコンクリートやアスファルトの破片は、「がれき類」としてあつかわれます。

大気汚染防止法やダイオキシン類対策特別措置法によって定められた施設から発生、集塵された煙や塵などを「ばいじん」といいます。
以上の12種類は、事業活動の内容にかかわらずすべて産業廃棄物となります。

一方、以下の7種類は特定の事業活動から出るゴミだけがあつかわれます。

「紙くず」は、製紙業や出版業、印刷物加工業などから発生するもの。
「木くず」は、木製品製造業やパルプ製造業などから発生する、木材片やおがくずなど。「繊維くず」は、
衣服や繊維製品以外の繊維工業から発生する木綿や羊毛などの天然性のくずのみが当てはまります。
この3種類については、建設業から出るものもすべて産業廃棄物にふくまれます。

ほかには、食料品や医薬品、香料製造業などで発生する魚や獣の固形状の不要物や醸造、発酵で生じるかすは「動物性残さ」。
一方、屠畜場や食鳥処理場で処理された固形状の不要物は「動物系固形不要物」としてあつかわれます。

畜産農業で排出される、牛、馬、豚、羊、鶏などの糞尿は「動物のふん尿」。死体は「動物の死体」として産業廃棄物となります。
この19種類にくわえ、産業廃棄物を処分するために処理したコンクリート固形化物や、灰の溶融固化物もなども、同様に産業廃棄物としてあつかわれます。