株式会社徳川組処分場と放射性廃棄物の処理

被災県と近い群馬県では、隣県である福島県からの震災瓦礫の受け入れや、群馬県内で発生した放射性廃棄物処理の問題に現在直面しています。
群馬県では多くの市町村にわたって廃棄物の最終処分場を分散させることで、負担軽減を図る方向で調整が進められていましたが、
その後、方針撤回が行われ、放射性廃棄物を受け入れる最終処分場が一本化されることになりました。

おそらくこれは、特別な処理方法が必要なため、一元的管理を行うことで安全性注意したいという考えが元になっているのではないかと言われています。
現在、群馬県に最終処分施設を有する株式会社徳川組は、約100年の歴史をもつ大正7年に創業された企業です。群馬県邑楽郡邑楽町に本社をもち、
太田市と館林市に営業所を、埼玉県行田市には埼玉支社をもちます。

民間の企業をはじめ、官公庁などとの取引実績もかなり豊富です。この企業は宅地建物取引業者の資格をもつ1級建築士事務所でもあり、採石業者登録されています。
従業員50名のうち、圧倒的大多数は技術関係の業務に従事しているという特徴があります。

その事業は住宅工事や空調関係、リフォームなどの工事を扱う建築関係事業や、土木事業にも力を入れて取り組んでいるという特徴をもちます。
株式会社徳川組は土木工事・河川工事、造園や上下水道、道路工事などにも対応しています。

また、不動産取引事業や各種開発などの営業関係の事業も展開しています。
株式会社徳川組は、顧客のニーズを的確に把握し、それに応じた企画を立てています。各種住宅や商業施設など様々な施設の建築や、
環境保全のために行われる土木事業などにも取り組んでいます。施工も評価が高いと言われ、利用しやすい施設づくりが行われています。
不動産事業では、家の分譲や造成業務などが展開されています。

株式会社徳川組、本社のある群馬県や埼玉県や千葉県など、関東地域で活動している企業で、土地を通じた環境保全を行っている会社です。
近年発生した東日本大震災によって発生した多量の廃棄物については注目企業の一つである株式会社徳川組の直接的・間接的な産業廃棄物処理に関する事業活動は政策的な見地からも
注目を集めています。

がれきである一般建設廃材とは異なる処理方法が必要となる処理プロセスが必要とされる放射性廃棄物の処理では、
放射性物質の遮断など難しい点なども多々あり、株式会社徳川組の今後の運用形態が注目されるところといえます。