廃棄物処理法のあらまし

現在日本において廃棄物の処理に関する法律や条例は多く存在しますが、一般法としては廃棄物処理法が存在しています。
これは、そもそもの廃棄物の定義、国民、事業者、地方自治体、国の役割や責任を定めており、基本的に日本国内のゴミは、この法律にそって処理されているということができます。
この法律の主な特徴としては、「ゴミの排出抑制」、「公衆衛生の保持」を目的としているということです。
適切に処理を行い有毒物質や公害物質の排出を抑えることはもちろんのことですが、無害なゴミであったとしても際限なく排出してしまえばいくら土地があったところで足りませんし、国民経済に与える影響は甚大なものとなってしまいます。

そのため、ゴミの削減「リデュース」、再利用「リユース」、再資源化「リサイクル」を進めるための方針が打ち出されているのです。
そして、公衆衛生を保持するために、産業廃棄物や感染性廃棄物などの適切な処理方法が定められているのです。

また、一般廃棄物と産業廃棄物の二者を定義し、それぞれに処理責任を明確化させたところも特徴的な部分です。
一般廃棄物とは、家庭から排出される生ゴミ、燃えるゴミなどのことで、産業廃棄物とは、工場や企業などから排出される事業ゴミのことです。
廃棄物処理法では一般廃棄物については市町村の責任において処理するものとし、産業廃棄物については事業者の責任において処理するものとされています。
つまり、あるゴミが適正に処理されていないとして、最終的にだれの責任に帰するか、ということが明確にされているということです。

そして、ゴミ収集業、廃品回収業などの廃棄物処理業の免許関係や、焼却場や最終処分場など廃棄物処理施設についても規定され、廃棄物に関する、網羅的な法律となっています。
もし廃棄物行政について理解を深めたいと思うのならば、廃棄物処理法をまず知識の前提としなければ、体型だてた知識を得ることはできないでしょう。