群馬県に最終処分場を持つ会社、大和建設株式会社

群馬は製糸工場なども古くから存在しテいた歴史を持つ地域で、北関東の工業都市としても発展してきました。
それゆえ、工場などから排出される化学薬品の処理問題は群馬県においては長く大きな問題であったという経緯があり、産業廃棄物の処理についても対処法が長い歴史の中で培われてきた地域といえます。

群馬県高崎市に本社を置く大和建設株式会社(資本金2000万円)は群馬において地球の環境保全に寄与している企業で、
ぐんま建設環境事業協同組合にも加入しています。この企業は産業廃棄物の処理に関する業務や、
構造物の解体する業務、造園業を業務内容とする地域企業で、産業廃棄物や一般廃棄物、特別管理型廃棄物といった認可も得ている企業です。

大和建設株式会社は廃棄物の収集運搬から処分に関する認可も取得し、特定建設業や一般建設業に関する許可も取得しており様々な廃棄物処理に対応しています。
大和建設株式会社の本社の他、安中リサイクルセンターを群馬県安中市にもち、最終処分地を群馬県高崎市にもちます。
中間処分場として活用されている安中リサイクルセンターは、建築の際に再利用資材を活用して建設されたという特徴をもつ処分施設です。
近隣に配慮する形で各種施設が屋内に位置し、建築面積6895平方メートルの施設となっています。

そして、群馬県高崎市にある最終処分施設では金属やゴムやコンクリートといった屑・廃プラスチック類の廃棄物の最終処分が行われます。
大和建設株式会社では廃棄物関係の業務に加え、解体工事業務などにも取り組まれています。そのため、解体工事で出た廃棄物をより効率的に処理することができるのです。
大和建設株式会社ではこれらの施設が連携しながら、効率的な廃棄物処理を行っています。大和建設株式会社の公式サイトには軽量証明書も掲載され、実績確認できるようになっています。

また、そして施設の点検結果を公表されており、その環境に配慮した取り組みなどもは積極的に行われている信頼感のある企業です。
特に、近年発生した東日本大震災による多くのがれきや廃棄物の発生については福島県に隣接する群馬県の廃棄物処理に関する政策的な視点なども注目されています。
単純ながれきなら、一般建設廃材のように処理をすれば問題ありません。しかし、放射性廃棄物の処理はどうやって放射性物質の影響を遮断するのかなど難しい点が多々あります。
群馬県の最終処分場の今後の運用形態については大いに注目されるところです。