アドバンティク・レヒュースー廃棄物処理の対応力

群馬県に廃棄物の最終処分場をもつ会社は何社かありますが、株式会社アドバンティク・
レヒュースは処理困難物や水銀リサイクル処理などの多種多様な業務にも対応可能な実力派企業です。

株式会社アドバンティク・レヒュースは、昭和59年に設立され、群馬県前橋市に本社をもつ企業です。
株式会社アドバンティク・レヒュースの従業員数は50名、資本金は1300万円という企業で、関東はもちろん、甲信越地域などにも対応し、合計11の都道府県で活動を展開している企業で、先進的な技術を追求する姿勢をもつ会社といえます。

株式会社アドバンティク・レヒュースの事業内容は、産業廃棄物と一般廃棄物、特別管理産業廃棄物に関する業務を主業務とし、
廃棄物の収集や運搬に関する業務やPCB運搬などの特殊廃棄物の対応に関する業務を行っています。
さらに、環境プラントに関する業務や環境や有機肥料の製品販売も展開されています。

この企業の特徴として、廃棄物処理に関するソフトウェア開発も業務として行われている点が挙げられ、肥飼料化処理施設や10トンダンプやコンテナ、
強力吸引車など、様々な場面で活用できる車両も多数保有しているという点はこの企業の強みといえます。

株式会社アドバンティク・レヒュースは資格や許可などを複数取得しており、古物商許可も取得しています。
そして、2006年にISO14001を取得し、先進車両設備 緑ナンバー、Gマーク取得などの先進性のある企業活動に取り組んでいます。

株式会社アドバンティク・レヒュースは廃棄物関連業界をリードしていく存在といえる企業で、これらの資格を活用しながら、幅広い事業内容に対応しています。
また、株式会社アドバンティク・レヒュースは企業ネットワークを活用し、100以上の処理場や処分場と連携しながら取り引きを進めています。
業務上、中間処理場や最終処分場との連携協力は不可欠です。株式会社アドバンティク・レヒュースは数多くの事業主体とともに環境への後見を進めてきている企業で、
様々な協力実績を有しており、多くの事業者からの信頼も厚い魅力的な企業といえます。

このように、株式会社アドバンティク・レヒュースは群馬県に廃棄物の最終処分場をもち、廃棄物の処理についても高い技術と設備を備えた企業です。
今後、更に廃棄物処分に関する新たな研究開発が進められて行くことが期待されており、株式会社アドバンティク・レヒュースも含め、
群馬県の最終処分場の今後の運用形態には高い関心が寄せられていくといえます。